肥満遺伝子って何?




以前、止めどなく太り続ける自分に恐怖を覚え、肥満遺伝子検査なるものを受けたことがあります。

いったい自分は何故これほどまでに太りやすいのか、実は私の父と兄はガリマッチョなのに大酒飲みで、無駄な脂肪なんてどこにも見当たらない体型をしているんです。

一方、母は私同様 小柄で太りやすい人でした。たぶん母方の血筋なんだろうとは察していましたが、母はここまでは太っていませんでしたし、太り方も脂肪のつきやすい位置が異なっていたように思います。

とにかく、いったいどうしてこうなったのかを遺伝子レベルで知りたかったんですね。

遺伝子検査

いくつかの企業が肥満遺伝子の検査を行っていますが、私がやったのは当時一番安価だった検査機関のものでした。

サイトで遺伝子検査の申し込みをすると検査キットが送られてきて、付属の大きな綿棒で口の中の粘膜をこすって送り返すと、程なく肥満遺伝子検査結果報告書なるものとパーソナルカルテが送られてきました。

その肥満遺伝子検査結果を記す前に、まずは私が受けた遺伝子検査について、もう少し詳しく書いてみましょう。
報告書の一部を要約すると、以下のような内容でした。

肥満の原因とは

その報告書の解説によると、肥満を引き起こす原因はたった二つ。
環境と遺伝子と記してあります。

環境

環境とは食事や睡眠時間などの生活環境のことで、環境が原因で肥満になる割合は3〜7割、そして遺伝子の影響で肥満になる割合も3〜7割なんだそうです。

つまり肥満になるのは「肥満しやすいリスクの高い遺伝子」のせいだけでなく、生活習慣を改善すればコントロールできるという訳です。逆を言えば、生活習慣さえコントロールできてれば肥満しないとも言えるんですね。

あぁ、自分で言っていて耳が痛いというか、思い切り凹む事実です。

3つの肥満関連遺伝子

約26,000個のヒトの遺伝子の中で、肥満に関わるのは約50種類なんだとか。
DHCの肥満遺伝子検査は、その中でも「β3AR遺伝子」「UCP1遺伝子」「β2AR遺伝子」という3種類の検査をします。

その3つの遺伝子は、日本人のうち約96%に“異変”があると解明されているんだそうです。

“変異”とは、遺伝子を構成する基本要素である塩基の並びの違いのことで、その並び方は個々でわずかに異なるので「変異=個人差」だともいえる肥満遺伝子検査結果

という解説がついていました。

人は両親から1セットずつ遺伝子を引継ぐため、合わせて2セットずつもっていて、この両方とも変異がない場合を「ワイルド(-)」、片方だけ変異がある場合を「ヘテロ(+)」、両方とも変異がある場合を「ホモ(++)」と呼んでいるって………なんだか遠い昔にそんなことを生物の授業で習ったのを思い出しました。

β3AR遺伝子-脂肪の分解や燃焼に関与する遺伝子-
この遺伝子の変異があると、β3ARの機能が低下するため、脂肪分解や熱生産がされにくくなり、脂肪が蓄積されやすくなる。
UCP1遺伝子 -脂肪の燃焼や熱の生産に関与する「脱共役たんぱく質(UCP1)の機能に関わる遺伝子-
UCP1は、積極的に脂肪を燃焼して体温を保つはたらきをする褐色脂肪細胞の中で、脂肪の熱生産に関与しており、この遺伝子に変異があるとその機能が低下するため、脂肪が燃焼されにくくなる。
β2AR遺伝子 -脂肪の分解に関与する「β2アドレナリン受容体(β2AR)」の機能に関する遺伝子-
主に心臓や気管支平滑筋に存在するが、脂肪組織にも存在し、脂肪の分解に関与している。アドレナリンと結合することにより脂肪が分解される。この遺伝子に変異があるとβ2ARのはたらきが活発になり、脂肪を積極的に分解するようになるため、脂肪が蓄積されにくくなる。

前置きが長くなっちゃいましたが、ここでいよいよ私が頂いた結果です。

遺伝子表

補足

  • β3AR遺伝子…ワイルド(-):影響なし
  • UCP1遺伝子…ヘテロ(+):熱生産がうまくいかず比較的脂肪が蓄積されやすい。脂肪の摂取を控えるとよい。
  • β2AR遺伝子…ヘテロ(+):脂肪が分解されやすいものの、たんぱく質が代謝されやすく筋力がつきにくい傾向有り。たんぱく質の摂取量を高め、筋肉を高める運動を心掛けること。

つまり、私がダイエットをする場合、脂肪分を極力控え、筋肉をつける運動を取り入れれば、効率よく痩せることができると言えるんですね。それを実行するか否かで、このダイエットの行方が左右される訳です。

ちなみにFooさんの結果は全てワイルド(-)でした。
なんであんなにお腹が出てるんだよ…(笑)

パーソナルカルテ

私が受けた肥満遺伝子検査には報告書と一緒にパーソナルカルテなるものが同封されていました。それによると、β3AR・UCP1・β2AR遺伝子の組み合わせからわかる私の遺伝子型ダイエットタイプは洋なし型なんですと!

なんだ、洋なし型って?!

洋なしよく、リンゴ型だのバナナ型だの聞きますが、それって遺伝子で振り分けられるモノだったんですか?初めて知りました。

洋なし型は、脂質の代謝が苦手なうえに、基礎代謝が1日あたり100kcalほど低いんだそうです。そのくせ食べ物も肉や揚物、ケーキ等の脂肪分が多いものが好きな傾向にあり、ストレスが溜まると沢山食べたくなるという…なんでそんなことまで分かるんでしょう。

インナーマッスルが固い人が多く、体温も低い傾向があるんだそうです。

は〜っ、確かに、全部そっくりそのまんま私に当てはまります。恐るべし遺伝子検査!!

とにかく私は脂質をあまり摂取しないように気をつけなくてはならないようです。寂しいですが仕方ありません。あぁ、もう居酒屋に行っても鶏の唐揚げはNGなんですね…はい、焼鳥にしておきます。

ちなみに夫・Fooさんは3種の遺伝子の組み合わせ54パターンのうち唯一3つとも変異がないタイプ「アダム・イブ型」。つまり遺伝子よりも生活習慣が原因ででっぷり肥えてしまったんですね。

それにしても、肥満に関する遺伝子は全部で約50種類と言われています。そのうちの3種類だけでここまで解るとは。他の47種類はいったいどのようなものなのかも、そのうち調べてみようかと思います。

ところで、私は洋なし型でしたけど、他のりんご型とかバナナ型って、いったいどういう特徴があるんでしょう。

糖の代謝が苦手なりんご型

リンゴ型β3AR遺伝子に変異があり、他の肥満遺伝子よりもこの遺伝子の影響を受けやすいタイプの人です。糖質を筋肉に取り込むインスリンの効き方が弱いため、余った糖質が内臓脂肪として蓄積されやすいとあります。つまりウエスト周りから太っていく傾向があるんですね。

子どもの頃からぽっちゃりした人が多く、小児肥満に多くみられるタイプなんだそうです。

1日あたりの基礎代謝が約200kcalほど低いのですが、血糖値を急激に上昇させるごはんやパンなどの炭水化物や甘いものを好む傾向にあるのだとか。

血糖値が下がることに敏感なため、空腹時にイラついたりすることも。

タンパク質が身につきづらいバナナ型

バナナ型β2AR遺伝子に変異があり、他の肥満遺伝子よりもこの遺伝子の影響を受けやすいタイプの人です。筋肉の素であるたんぱく質を素早く代謝してしまうため、筋肉がつきにくく、一度太ると痩せにくいといいます。

バナナのようにほっそりしていて若いうちは皮下脂肪が少なく太りにくい体質にみられますが、脂肪が付きにくい分、筋肉も付きにくいというのが特徴です。筋肉量は代謝に影響しますから、一度太るとなかなか痩せられないんですね。

りんご型とは反対に、1日あたりの基礎代謝が200kcalほど多く、エネルギーを消費しやすい体質なんだそうです。
食事の好みは魚や野菜サラダなどあっさりしたものを好む人が多く、痩せている人は胃腸が弱かったり風邪をひきやすいという人もいるようです。

ちなみに3つの遺伝子に何の変異もないのがアダム・イヴ型。Fooさんのタイプです。

使用イラスト(c)フリーメディカルイラスト図鑑

あなたはどのタイプに当てはまりそうですか?





スポンサードリンク








シェアしていただけると脂肪が1%燃焼します!!

ABOUTこの記事をかいた人

長年にわたり怠惰な自分が作り上げた超肥満体を解消すべく、ようやく重い腰をあげました。日本人の標準的な体型に戻るまで、自分の軟弱な意志と無駄に重ねた年齢に負けることなく頑張ります。 主に記事や漫画を書いてますので、よかったら読んでみてくださいね。 詳しいプロフィール