体重と体脂肪率の関係に悩む 体重は落ちるけど体脂肪率が落ちない!




2ヶ月集中ダイットを初めて7日間が経過したわけですけど、体重は減るけど体脂肪率が減らないという腑に落ちない結果になってきているのでダイエット方法が間違っているんじゃないか?などと、傷つきやすいボクのハートが悲鳴を挙げていました。

この1週間で、具体的にどのような数字の変化になったのかは以下のリンク先で確認することが出来ますが、とにかくガラスのハートが砕けていってしまいそう。

参考:体重・体脂肪率等の変化 – Woo編 –体重・体脂肪率等の変化 – Wolf編 –

自分の描いてる理想の落ち方というのは、体重は筋肉肥大に伴って少しずつ増えていき、体脂肪率はおちていく、なんていう身勝手な妄想に近いものだったわけですから、トホホな数字変化になってきてしまいました。

もしかしたら、このパターンは

  • 食事制限だけを極端にやっているダイエット方法が陥りやすい最悪パターンになってしまってるんじゃないか?
  • せっかく筋トレにジム通いまでしているのに脂肪が落ちているんじゃなくて筋肉がおちてきてしまっているんじゃないか?

など弱気で消極的な自分が顔を出してきます。

体重と体脂肪率

そこで、ちょっとだけ、この体重変化でいいのかどうか調べてみたんですけど、さらにどん底へと叩き落とされるような結果を見ることに。

食事の量を減らしすぎてしまい、自分にとって必要最低限の栄養を摂れていないという場合、体重だけが落ちていき体脂肪率が全く落ちない状態になりがち。しかも最悪の場合、体重ですら落ちることがなくなってしまう危険性もはらんでいる。ヽ(`Д´)ノワーン

また、食事量を減らしすぎることによってエネルギー不足になってくるわけですから結果としてカラダは、そのエネルギーを筋肉からもらおうとするからのようです。!?(゚〇゚;)マ、マジ…

ヤバイ!自分たち(WooさんとWolfさん)は、今まで極端な食事制限をやらないことと運動を基本にしていたというのになんてことをしてしまったんだろう。。。

もう一寸先は闇、いやすでに自分達がいる場所までもが闇に包まれてしまったかのごとくになってしまいました。

ボディービルジムにて

でも今日は楽しくも辛いトレーニングの日!
なんとか気持ちを立て直しトレーニングジムへと向かいましたよ。

そうだ! コーチだったらボディービルでチャンピオンにまでなった人なんだから体脂肪を落とすことなんざ経験があるはずだ。ちょっくら聞いてみよう、と。

そしてベンチプレスの器具の前に座り、準備を整えている最中に神々しいまでの光を放ったコーチの姿が。

Wolf
コーチィィ~
コーチ
はいはい、何でしょう?
Wolf
実は、体重は落ちるけど体脂肪率が落ちていかないんですよ。
コーチ
具体的にはどんな感じなんですか?
Wolf
具体的には、かくかくしかじか…なんです。
コーチ
ははは。それぐらいだったら全然問題ないですよ!だって…。

会話風にした為、ずいぶんと端折っちゃいましたけど、話をした内容は以下の様な感じでした。

体脂肪率について

体脂肪率って割合のことをいうので、体重が下がって体脂肪率が同じっていうことは体脂肪も減っているってこと。それに体脂肪率っていうのは、あんまり当てになりませんので細かい数字はあんまし気にしないでも大丈夫ですよ!それに、こんだけトレーニングしてるんですからっ

それに、体脂肪は体重なんかよりも結果がでてくるのは遅いですから1週間ぐらいじゃ、まだまだです。

あと、体脂肪計って足の裏から微弱電流を流して、体脂肪の量を測定しているだけなので、例えばカラダの中の水分量なんかで3%ぐらいは平気で違いが出てくることもよくありますよ、とのこと。「ボクなんか(コーチ)風呂に入る前と後ってだけで全く違う数字になることもありましたしね。」ですって。

まとめ

まっ、結論として1週間ぐらいの期間でウダウダと考えていたってしょうがないってことと、体脂肪計の出す体脂肪率ってのを過信することも良くないんだな、と改めて思いました。

ただ一番心配だった筋肉が痩せていってしまうことは、今のトレーニングをしている限り大丈夫でしょう、とのことだったので一安心なWooさんとWolfさんなのでした。

というわけで、バイバイ!!





スポンサードリンク








シェアしていただけると脂肪が1%燃焼します!!