炭酸水とあたりめのコラボは最強!禁煙時にとっても役立ってくれています!

炭酸水




タバコと決別して5日を無事に乗り越えました!!Booです。

いや〜、ニコチン恋しいです!!
何と言いましょう、このカンジ…!!
非常にもどかしい!!

常に共にいるのが当たり前で、どこに行くのも一緒で、食後やティータイムなど生活の何気ないシーンのアクセントになってくれただけでなく、仕事の区切りや考え事をする時の切換えスイッチの役割もしてくれていた本当に愛しい相棒…。

そう、もはやタバコは私にとって、無くてはならない最愛のパートナーみたいなモノだったのです!

かと言って、フツーに生きていくのに特に必要のないモノであり、必要のない動作であることは重々承知しております。
喫煙はお金もかかるし、身体には絶対によくない、そしてけっこう傍迷惑な習慣です。

解っている、解っているんです!
タバコはダメだって!!
でも、何なんでしょう!この禁断症状的な飢餓感!!

私がこよなく愛したタバコはDV&モラハラ夫みたいなものかもしれない!

DV&モラハラ夫からとにかく逃れたいのに、ハネムーン期の甘さと優しさを思い出して、ついつい元サヤに納まってしまいそうになる“だめんず”依存の女性の精神状態ってこんなカンジなんだろうか…とか。

だとしたら“だめんずうぉーかー”の女性は依存症になりやすいのか?とか…当事者の方からしたら、非常に不謹慎で失礼なコトを思い浮かべつつ、どうにかこうにか「ヤニ無し生活」をやりすごしております。

不適切な例えで本当にスミマセン。

私の禁煙の救世主

そんな私の禁煙生活を支えてくれているのが炭酸水!

いや〜、これを提案してくれたジムのコーチ、ありがとう!!!
炭酸水なしでは、たとえニコチンの禁断症状に耐えられたとしても、もっと食い気に走っていたかも…。

炭酸水ダイエットなるものもあるらしいのですが、炭酸でお腹がふくれるし、口当たりがシュワシュワと程よい刺激があるので、なんとなくタバコの代りになるというか…。

私にとって炭酸水をそのまま飲むという行為は、まったく経験がなかったことなので、喫煙に変わる新しい習慣として取り入れるのに丁度良かったかもしれません。

それにしても、炭酸水って色々なモノが市販されているんですね。

この記事の上部のアイキャッチ画像の炭酸水は、今朝職場近くのスーパーで買ってきたものなのですが、小さなスーパーなのに主立ったものだけでもこんなにありました。

この品揃えを見て、炭酸水ってお酒で割って飲むだけじゃないんだなぁ〜って、改めて感じた次第です。

禁煙による体重増加の抑制

今回、禁煙するにあたり、私が一番に恐れているのは体重の増加でした。

実は私は20歳代後半から8年間くらい禁煙してタバコをやめていた時期があったのですが、その時に急激に太り始めた記憶があるからです。

そして、現在ダイエットをしていて、順調に結果を出しつつある最中にスタートさせる禁煙です。
どれくらい体重が増加するのか、本当にビビリながらのニコチン絶ちなのです。

口寂しくなるから食べる、味覚が改善されるから食に走る…等、言われていますが、それだけでなく、私の場合一時的に浮腫みが出ます。

今回も禁煙3日が過ぎるまで、顔が浮腫んでました。
浮腫むということは、当然体重も増加するわけで、1kgくらいリバウンドしました。

炭酸水とあたりめ

20歳代の時の禁煙では際限なく体重が増加し続けましたが、今回は禁煙初日から3日で浮腫みも治まり、炭酸水のおかげで食欲も抑えることができています。

食欲の抑制と口淋しさを紛らわすために、最初は茎わかめも用意しましたが、今はアタリメを口にしています。

あたりめ、とってもオススメですよ!!
咬みごたえがあってローカロリーだし、ガムがそれほど好きではない私にとっては大助かり!!

1日に18g入1袋をちまちまとつまみつつ、炭酸水をガブガブ飲みながらニコチンの誘惑を断ち切っているところでございます。

あたりめ

※栄養成分表示は【カロリー】「あたりめ」の栄養バランス参照

ダイエット時のお助け食としてだけではなく、禁煙お助けアイテムとしても大活躍間違い無しの食品です。

そのあたりめと炭酸水のコラボで今日もなんとかタバコ無しを乗り越えました!!

私がやっているのは筋トレダイエットだったはずなんですが、これからは『禁煙・筋トレダイエット』になるんですかね。

自分でハードル上げてしまった気もしますが、もう、こうなったら一層気を引き締めて頑張りますよ〜!

ではでは





スポンサードリンク








シェアしていただけると脂肪が1%燃焼します!!