レッグエクステンションで太ももの筋肉を鍛えてみた

レッグエクステンション




レッグエクステンションってどんな器具を使ってトレーニングをしているの?スポーツ経験なしのWOOですが、ボディービルジムでトレーニングしている姿を動画で紹介します。

この種目は、下半身強化のためジムの門を叩いた時から、ずっとプログラムの中に組み込まれています。私は、スクワットの後にいつもやるのですが、最初の頃は立ってられなくなる程でした。

慣れてきた今でも、きついトレーニングのひとつですが、下半身を鍛えると言う事は全てのトレーニングの質を上げる事に直結しますのでやりがいがあります。

レッグエクステンションでターゲットとする筋肉

レッグエクステンションでターゲットとする筋肉は、体の中で1番大きい筋肉である大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)

レッグ(足)エクステンション(伸ばす)という言葉からわかるように、膝の曲げ伸ばしを行いながら太ももの筋肉をピンポイントに鍛えることが出来ます。

女性にとっては嬉しい太ももの引き締め、太ももラインの調整、垂れ下がった膝などに効果があり、また大腿四頭筋は体の筋肉の中で最も大きいため、ここを鍛えることでカロリー消費や代謝アップという、ダイエットの面でも大きなプラスとなります。

レッグエクステンションのやり方

  1. 座ったときに、膝の位置とマシンの回転軸の位置が一致するようシートをあわせる。足元のパットは膝の角度が90度になる位置で足首の少し上にセットします。
  2. グリップを握る。この時に強く握ってしまうと上半身の力を使ってしまうので、出来るだけ軽く添えてあげるくらいの感覚で握ります。
  3. 息を吐きながら脚を伸ばしていく。足首を曲げて行うと大腿四頭筋を収縮させやすい。脚を十分に伸ばしたら息を吸いながら元の姿勢に戻る。

レッグエクステンションの注意点

足を曲げる時、伸ばす時、シートから腰が浮きやすくなりますが、グッとこらえて腰が浮かないよう注意。腰が浮いてしまうと、当然のことながら負荷が逃げてしまいます。

足首はしっかりと曲げ90度となるようにします。足首を伸ばしてしまうと、こちらもまた負荷が逃げてしまいますので注意が必要。

足を伸ばす時、上半身を使って反動をつけることなく、また曲げる時も脚の力を感じながらゆっくり曲げるようにしましょう。

レッグエクステンションの動画





スポンサードリンク








シェアしていただけると脂肪が1%燃焼します!!