睡眠不足はデブのもと?! 成長ホルモンの力でキレイに痩せよう!

sleep




何かと忙しい現代人。近頃はそれに加えて夜遅くまでスマホを眺めてたりして気付いたら今日も寝不足だ〜、なんてこと、ありませんか?

実は私も平日は十分な睡眠をとっているとは言えません。

朝5時半起床で就寝はギリギリ0時少し前。そして会社帰りにジムに行く日はどうしても日付が変わってしまってからの就寝になっちゃいます。

ですから平日はけっこう眠いんですよね。昼食後なんかは気を抜くとウトウトしちゃいそうですwwww

なのに週末は寝坊して睡眠を確保するぞ!と思っても、悲しいことに何故か平日と同じ5時半に目が覚めちゃったりするんですよね。

これも年齢的なものなんでしょうか?

昔から「寝る子は育つ」と言いますが、実は寝ないとヨコに大きく育っちゃう危険性があるのがヒトのカラダのようでして、ダイエットしている人にとっては寝不足は御法度のようなんです。

だからこそ私はぐっすりゆっくり眠りたいのに…。

というコトで、今回は筋トレダイエットと睡眠について考えてみたいと思います。

睡眠不足がもたらすもの

ナショナルジオグラフィック日本版サイト【第3回 理想は8時間睡眠もウソだった!】の記事によると、実は人によって必要な睡眠時間はまちまちなんだそうで、○時間眠らなくてないけないという理想時間みたいなものはないそうなんです。

そして年齢を経れば経るほど睡眠時間は短くて済むのだとか。
そういえば、確かに若い時の方がガンガン眠れてましたし、いつも眠かったです。

記事によると、中には短時間の睡眠で満足する人もいたりと個人差があったりするんだそうで、こういう体質の方、本当に羨ましいです。

一方で、やっぱり結構眠らないと疲れが取れないとか、休んだ気がしないという人もいるワケで、しっかり7時間くらい寝たいという人がいるもの事実でしょう。

やっぱり睡眠は大切です。

ヒトの脳は睡眠時に記憶を整理統合する作業をおこなっていますから、記憶力が低下したり、注意散漫になっちゃったりしますもんね。

では、ボディメイクを志す人が気をつけるべき睡眠不足の影響って、どういったものがあるのでしょうか。

睡眠不足は肥満を招くらしい

どういうコトかというと、成長ホルモンが分泌されるのは睡眠時だからなんです。

名前が「成長ホルモン」だからといって成長期にだけ必要なホルモンではなくて、大人にも必要なホルモンです。
成長期に背を伸ばしてくれたりするだけでなく、睡眠中にカラダの修復・再生をしてくれるうえに肌の新陳代謝を活発にしてくれたりもします。

なんとありがたいホルモンなんでしょう!

さらにはダイエッターにとってはここが大切なんですが、成長ホルモンは脂肪などを分解してくれるため、睡眠不足が続いて成長ホルモンの分泌が少なくなると、なかなか脂肪は無くならないということに!!

筋肉も成長ホルモンが修復

トレーニングは、「超回復」(筋肉の疲労回復+もとの状態よりも強くなる)が大きな目的なワケですが、トレーニング後は当然のことながら疲労するワケで休養が必要になりますよね。

筋トレをすることによって、筋肉を破壊して再生する…それを繰り返して発達を促すのですが、ここでもやはり成長ホルモンが活躍してくれます。
睡眠時に筋肉の修復・発達のはたらきをしてくれるんです。

逆を言えば睡眠不足は超回復を望めないことになりますから、筋肉が育たないことになります。
そう、トレーニングの成果を確実に得るためには、十分な睡眠は必要不可欠という訳なんです。

トレーニングで効率よくキレイに痩せるためには睡眠不足はNG

上にチラっと書きましたが、成長ホルモンは肌の新陳代謝を活発にしてくれます。
老廃物を排出しつつ肌の回復してくれるので、美しい肌を保とうと思ったらやはり寝不足はNGなんですね。

つまり、若々しく足腰シャキっとして筋肉を保ちながら美しく痩せるには、睡眠をしっかり取らないとダメということのようです。

あぁ、こうやってこの記事を書いている今この時も、私はすぐにでもベッドに潜り込みたいほど眠いのですが、これから職場は繁忙期…orz

せいぜい週末に少しでも多く質の良い睡眠時間を取れるよう、ヒーリングミュージックでも用意しておこうかなと思う今日この頃なのでした。

というコトで、みなさんも良い睡眠を!

ではでは





スポンサードリンク








シェアしていただけると脂肪が1%燃焼します!!