スプーン1杯のえごま油を飲むだけ 便秘解消ダイエット

ego-oil




もうご存知の方も多いと思いますが、2月1日放映の『私の何がイケないの?』で、ものまねメイクでおなじみの「ざわちん」さんが、えごま油を摂取することで、便秘が解消し、メイクのせいでボロボロになった肌荒れが治り、-5㎏のダイエットに成功と紹介されました。

そもそも、ざわちんさんの悩みは職業病とも言えるメイクによる肌荒れ。すっぴんを披露した、ざわちんさんの肌はニキビ、乾燥、吹き出物などなど・・・23歳にしてはかわいそうなくらい沢山ありました。

そこで番組で、ざわちんさんの肌を診断したところ、なんと!!肌年齢は36.5歳。実年齢より、13.5歳も老けていたんです。ただ、肌年齢を悪化させている原因が、メイクだけでなく「便秘」であることも分かりました。

聞けば、週に2回程しかお通じがなく、そして常にスッキリとしないようです。

便秘によって腸の活動が鈍くなり、ガスや悪玉菌などの毒素が溜まると肌荒れを引き起こしてしまうそう。そこで、ざわちんさんへの診断は「腸内環境の改善」いわゆる腸活ってやつです。そこで勧められたのが「えごま油」を毎日飲むということ。

ざわちん実践 1ヶ月えごま油で腸活

ざわちんが、1ヶ月間で便秘を解消し美肌効果を得た方法

毎日、寝る前に大さじ一杯(12ml)の量を飲む。

飲む時間は、22時~深夜2時。
腸がもっとも活発に動く時間帯に摂るのが効果的。

1ヶ月、腸活にチャレンジしたざわちんの成果ですが、その即効性に驚きです。

36.5歳だった肌年齢が26.5歳まで下がり若返りに成功。油分量はなんと15歳の肌に!!また、便秘が解消されたことで体重が53kg→48kgに落ちました。5kgものうんちを体に詰めていたとは何と恐ろしい!!

とても簡単なので便秘に苦しむ人は、さっそく試したいところかと思いますが、巷では純粋なえごま油であるか疑わしいものが出回っており、国民生活センターへの相談件数が年々増えているそうです。

そこで、えごま油を購入する際チェックしたい項目がいくつかあるんですが、下記の記事が参考になりましたのでリンクをはっておきます。

えごま油の人気の国産商品の成分は?国民生活センタ―の品質調査は?

えごま油を摂取する際の注意点

  • えごま油は熱に弱いため、高い熱を加えない料理が理想。あたたかいご飯や味噌汁に入れる程度では問題ないですが、過熱は避ける必要があります。
  • 酸化しやすい性質があるため、開封後は空気や直射日光を避けつつ早めに利用することが大切。商品にもよりますが、60日以内で使い切るのが推奨されています。
  • 夏場は冷蔵庫で保管。

最近、プロテインの摂取量を増やしたおかげで、腸内環境が乱れつつある私と旦那。テレビ放映を見て旦那から「えごま油買って来て~」と言われたのですが、気になるのが「カロリー」。いくらカラダにいいって言っても、所詮「油」でしょ!!

そこんとこどうなの?って思ったので調べてみたら、えごま油も他の油と同じ1gあたり約9kcal。でも脂肪になりにくい性質であったり、脂肪燃焼を助ける働きがあるため他の油と比べるととても太りにくい、むしろダイエット効果すら期待できる油と言われみたいです。といっても摂りすぎはダメですけどね。

私達夫婦は現在、便秘解消のためにヨーグルトにチアシードを混ぜて食べているのですが、チアシードも含有量は違えどα-リノレン酸が含まれてます。

そこで、チアシードどえごま油の違いはな~に?そこが知りたいって思ったのでまだ別の機会に検証してみることにします。

ということで、ほんじゃあね。





スポンサードリンク








シェアしていただけると脂肪が1%燃焼します!!