BCAAは筋肉のパフォーマンスを持続させるカンフル剤?

N811_danberu




Wolf&Woo夫妻もハマってしまった落とし穴、筋トレダイエットで最も気を使うのは食事かもしれません。

某ダイエット専用ジムでは完全に糖質をシャットアウトさせると耳にしますし、他にも極端に1つの食品に偏った○○ダイエットみたいなものも多数あったりして、とにかく情報に惑わされてしまうんですね。

でも私たちがやってるダイエットは、『筋肉をつけることによって基礎代謝を上げて決してリバウンドしない健康的な身体を作る』ことにあるので、まず最初に筋肉ありきなんです。

そんな筋肉もコツコツとではあるけど少しでも効率良くビルドアップさせていきたいワケで、そこでちゃんとした栄養が必要となってきます。その中でも筋肉を作るのに最も重要となるのが皆さんもご存知、たんぱく質ですよね。

以前プロテインについて書きましたが、プロテインとはたんぱく質を英語にした言葉というか単語ですから、まんま たんぱく質なんですけど、メーカーによって色々なものが添加されています。

参考:プロテインの摂取とダイエット

その添加されているものの中にBCAAというものが含まれている場合があるのですが、ご存知でしょうか。今回はそれについてお話したいと思います。

BCAAって何?なんで必要なの?

BCAAとはBranched Chain Amino Acids(分岐鎖アミノ酸)の頭文字で、バリン、ロイシン、イソロイシンという3つの必須アミノ酸のことなんです。

タンパク質を構成しているのは20種類のアミノ酸。そのうち9種類は体内では合成することができない必須アミノ酸で、その必須アミノ酸の中でもBCAA(バリン、ロイシン、イソロシン)は、ヒトの筋たんぱく質中の割合が約35%をしめ、筋肉つくりには必須のアミノ酸なんですって。

持久系アミノ酸などと称し売り出しているメーカーもあるくらいで、ウエイトトレーニングをする人だけではくランナーなど、様々な分野のアスリートたちに活用されているようです。

運動による筋肉中のたんぱく質の分解を防ぐ

激しい運動を行うと人は血液中のBCAAをエネルギーとして使ってしまうために筋肉の分解を始めるのだとか。

つまり筋肉を壊しちゃうんですね。筋肉が損傷しちゃうと、当然コンディションが悪化するわけで、トレーニングもできなくなっちゃいます。それでアスリートの皆さんはこれを補給するんですね。

摂取することによって筋肉痛の軽減にもなるという実験結果もあるようです。

中枢性疲労の予防・回復に効果的

中枢性疲労?なんのこっちゃ?ってカンジですよね。
私も調べていて???ってカンジなんですけど…。

まず、血中から脳にトリプトファンが送られると中枢性疲労が高まるんだそうですが、トリプトファンとはセロトニンやメラトニンなどの物質の材料のこと。トリプトファンが不足すると、不眠症などの睡眠障害を起こしたり、うつ病を起こしたりします。これも必須アミノ酸の一種です。

で、脳にトリプトファンが送られるときに通る脳血液関門(blood-brain barrier)ってところで脳血液トリプトファンの輸送体はBCAAの輸送体と同じなものだから、このゲートを通過する際に競合するんだそうです。

血中のトリプトファン濃度がBCAA濃度に勝っちゃったりすると、脳内にトリプトファンの取り込みが増えて中枢性疲労しちゃうんですと……
つまり、中枢性疲労の予防・回復にBCAAの補給が有効ってことらしいんですね。

う~ん、分かったような分からないような…。

あと、運動の直前もしくは最中にBCAAを摂ることによって、乳酸の血中濃度の上昇を抑えられるという情報もあります。
乳酸の血中濃度が上昇すると、ヘタってしまうんです。

吸収速度が速い

BCAAは吸収速度が速いので運動の直前に~と書かれていることが多いのですが、私たちの通っているジムでは皆さんトレーニングしながら補給していらっしゃるようです。

先日、私もコーチにアドバイス頂きました。BCAAを摂るならトレーニングの最中に水に溶かしたものを摂ると良いと。

つまりは、ありがた~いアミノ酸なんです

ということで、BCAAはアスリートや私たちのような筋トレする人にとってはありがた~い物質なのです。

色々書きましたが、まぁ、平たく言っちゃえば、筋肉痛を減らしてくれて、へたばらずに良いパフォーマンスを持続させてくれる、速攻で吸収されて効果が期待できるアミノ酸ってとこでしょうか。

そういえば、バリン、ロイシン、イソロイシンの中でも、特にロイシンが筋肉をつくるのに最も重要だって近年わかってきたんですよって、コーチが言ってました。
だからその手のサプリメント(プロテイン含む)を選ぶときはロイシンの含有量がけっこうポイントなんだと。

なるほど…筋肉つくりも突き詰めると本当に奥が深い…まだまだ学ぶことが多そうです。

ではでは。





スポンサードリンク








シェアしていただけると脂肪が1%燃焼します!!